痛快!無職生活。そして【ワタシの車窓から】は続く。。かも

ビンボーにはすっかり慣れました。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
お世話になりますロリポップ
写真プリントするニャ♪
助かるわー♪
ぐーぺ♪
旅の思い出にフォトブック
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
旅ダイジェスト♪
写真は撮りっぱなしで、パソコンに入れて放ってあるので・・・

ダイジェスト版でご紹介!


今年3月、バルセロナ(5日間ってムリ!!)
初めて行くお友だちといっしょだったので・・・前回とほぼ同じコース。ははは。

お天気がよくなかったので、空が真っ白・・・。


ガウディめぐり。

サグラダ・ファミリア。完成予想模型とともに。




夜のカサ・バトリョ。






グエル公園。





ここは、ガウディじゃなくて・・・ゴシック地区にあるカテドラル。(サンタエウラリア大聖堂)





ここは初めて訪れたグエル邸。





ガウディがデザインした街頭。




サンジョセップ市場にある食堂(バル)でごはん。




イカを炒めたものや、きのことアスパラをさっと炒めて岩塩で味付けしたものなど・・・。
ここはサイコーにおいしかった♪





市場の中でひときわ素敵な陳列だった卵屋さん。





てくてく歩いてカタルーニャ音楽堂。

歩きながら、迷い、また歩き、そこらの人を捕まえては「●●はどこー?」と聞きました。皆さん親切♪
ちゃーんと教えてくれました。




ジョアン・ミロ美術館。




続いてカタルーニャ美術館。





カタルーニャ美術館前の階段から見るスペイン広場。





遠くにサグラダ・ファミリア。

手にのせてみる。





ははは。うまく撮れませんでした。

もう一回ぐらい行きたいなぁ。

 
バルセロナ最後の写真


いやー、2ヶ月近くにわたって引っ張ってきましたバルセロナ。

よーやく終わります。

ご覧いただいたように、「初心者のバルセロナ」そのものでございました。
6日間・10万円で行ける・・・という旅行ではございましたが、行く前からソワソワしっぱなしの6日間。正確には5日と10分。うふふ。

さ、最後の写真を見ていただきましょーか。

昨日も載せましたように、ガウディが設計した・・・という、バルセロナっ子のいこいの場、グエル公園でございます。公園といいましても、それはそれは広大で、歩いても歩いてもずっと公園。

入り口に建っているのは、門番小屋と管理事務所・・・。おみやげ物屋さん・レストランになってます。

 




夢じゃないだろかと思う風景。










モザイクタイルの・・・美しいこと。













こちらは天井。

季節をあらわしてるそーで、これは・・・夏かしら。














有名な・・ぐねぐねになったベンチ。

もっと大きな構図で撮りたかったのですが、いっぱい観光客がいるので、いない隙間を撮りました。












こちらも・・・ガイドブックで見かける柱。















てくてく歩いてたら、こんな素敵な生垣が・・・。














暮れてまいりましたので、そろそろ帰りませんと・・・。

公園の入り口でタクシーの運転手さんに行き先を告げ、そのあたりまでいくらや?としっかり聞き、無事3日目終了。

夜はホテルの近くのバルで・・・念願のパエリヤと・・・イカのフライを食べて・・・うまいコーヒーを飲んで・・・。















モザイクのミニチュア、お土産もの。






牛。




そーゆーわけで、


モー

おしまい。



なんて、オヤジみたいなことゆーてもた。




3日間、まぁまぁのお天気でした。
次に行くときは、気候がよくて・・もっと長く滞在できるような計画を・・・練りたいと思います。
体力のあるうちに行きませんとね、飛行機にじっと座ってるのも・・・大変ですからね。
向こうに住んでるカタとお友だちになったので、次は一緒に歩きたいもんだと・・。


ではでは、長らくありがとうございました。
 

サグラダファミリアからグエル公園へ

ねーー。

もちょっとでバルセロナの写真終わりですよー。

ながながとすみませんねぇ。


出してない写真もいっぱいありますが、とりあえず、旅行の最後まで・・・今度こそ載せられるような気がします。



空、青くしました。






そうそう、エレベータの時間が近づいたので、乗り場付近の行列に並びました。

ぎゅーんと・・・あっという間に「受難のファサード」の鐘塔の上まで登れました。そっからは、エレベーターで降りてもよかったんですが、せっかくなので、螺旋階段で降りることにしました。


途中で見えたバルセロナの街の風景。

水道局の建物、アグバールタワーが見えてます。そのままどっかへ飛んで行けそうなデザインです。







螺旋階段。

一歩踏み外すと・・・激しくころがり落ちそうな怖さ。








これは・・・建物の中。

柱の大きさとか、高さとか、人と比べるとよくわかります。








隣接の建物、「建築学校」らしいです。ここでガウディさんや建築士さんやその他の職人さんが学んでいたようです。
窓から見上げると、建築中のサグラダファミリアが・・・。

現場事務所・・・てーとこでしょーか。





サグラダファミリア終了。

予定ではもう一ヶ所回る・・・つもり。しかし、時間もなくなってきたので、地下鉄での移動を諦めて、客待ちのタクシーのおじさんに声をかけてみました。

「グエル公園まで・・いくらぐらいかかりますのん?」

「6(ユーロ)か7ぐらいかな・・・」

「んじゃ、乗る。行きます。お願い。」

やっぱり・・ボラれるとこわいので、乗る前にいくら・・・?と聞くことも大事です。





さて、おとぎの国のようなグエル公園。

続きはまた・・・次回。






そろそろ夕暮れ。

どんな写真になりますやら。
 

サグラダファミリア
写真だけでもUPしてみましょーかねー。

あーーー、GWも終わりですなぁ。こういう・・人が移動する時期はどこへも行きたくないので、家でじっとしておりましたが、写真もそろそろちゃんと整理しなきゃと・・・あまり生産的でない作業をしておったのでした。

サグラダファミリアの、団体さん用入り口はおもて側。こちら側のこと・・・。
しかし、個人・一般旅行者は裏へ回らねばなりませんで・・・。午後2時近く、そこにはすでに行列がありましたが、入らないことにはお話になりません。
塔の上まで上がれるエレベータ乗車券つきの入場券を買いました。
しかし係りの人が
「エレベータ4時10分」というのです。

それまでしっかり時間かけて見ることになったのです。




生誕のファサード。正面。カメラにおさまりゃしません。





こちらが裏側。





裏側はおもてとはうって変わって、直線的なデザインなんですが、その石の・・これまた素晴らしいコト・・。






中は、皆さんもいろんなもんで目にしたことがあるでしょー。





ステンドグラスは、色違いでいくつもいくつも・・・。






ちょうど夕方の光が差し込んで・・・。







こんな感じで・・・工事中です。
先進的な建築方法のおかげで、あと20年〜30年で完成するかも・・・といううわさも。







さて、GW最後の日曜日。

皆さま、楽しくお過ごしくださいませ。



バルセロナ3日め・ガウディ巡り6
 

記憶も薄れはじめておりますワ。

こちらは、カサミラ、お裁縫とか家事とかするトコ。こんな部屋があったらいいねぇ。








こども部屋。
お人形の家がある。しかも、相当ゴージャスな。この棚の上には、「舞台」がありますね。今気がつきました・・・。あやつり人形とか、指人形などの舞台に見えます。






こども部屋にあった衣装ケースかな。フタを閉めると椅子になって、このまま持ち出せば旅行カバン。









昔の子ども部屋に、今の子ども。










窓。ご近所さんとご挨拶してたかも。






これがメイン階段。階段にも・・・続く曲線。
エレベーターなんてなかったのよね。









さ、カサミラ終了。


地下鉄で「サグラダファミリア駅」へ。

地下鉄の出口から地上にあがったその後ろにそびえている、摩訶不思議な尖塔。


入り口上の「生誕のファサード」が世界遺産。

いやいや、全部世界遺産にしろ・・って。









とてもカメラに収まりません。


バルセロナ3日め・ガウディ巡り5

さてな、もーちょっとでバルセロナ写真も終わり・・・にしたいとこなんですが・・・。

はい、こちら、カサ・ミラの中の展示用のお部屋です。




書斎の風景です。





バス・トイレ。





キッチン。






炭のコンロ。オーブン。
こっから上る煙が、あの煙突から出るのね。




さ、次のお部屋へ。

バルセロナ3日め・ガウディ巡り4

有名なとこばっかり行ってて、気恥ずかしいキモチもありますがー

写真行きます。続いてこちらも世界遺産です。


カサ・ミラ(Wikiへ)

直線が全くない建造物て・・・ワタシが知ってるのは「かまくら」ぐらいですよ。

ますますフシギですねー。いやー、恐ろしいくらいにすばらしー建物ですねー。
 



海のよう。波のよう。海底のよう。






道路工事中。









内部。中庭です。

海中都市のよう。











エレベーターに乗って屋上にやってきました。

屋上には階段室や煙突が立ち並んでいます。人ひとりが通れるくらいの幅の長い螺旋階段、「塔」に憧れるワタシは一度歩いてみたいと思うておりました。
ここの螺旋階段は、それほどの段数はありませんでしたが、狭さが心地よかったです。








はて、煙突がどんなサイズかといいますと・・・


こんなにでっけーんです。









にょっきり生えたみたいです。







回遊できるようになってます。

こわいこわい遊び場みたいです。高所恐怖症の人はきっと無理。






煙突。

この、ちょっと巨神兵にも似た煙突から煙が立ち上ってたんですねー。100年ぐらい前は。







さて、次回は、カサ・ミラの中。部屋の中を見学しました。

実際に住人もいるのですが、ワタシたちが見たのは見学者用の部屋です。もちろん・・・。







バルセロナ3日め・ガウディ巡り3
もーいい加減、バルセロナも終わりにしませんと・・・旬な写真が載せられませんな。

引き続き、バトリョ邸。こちら、ガウディさんが作った椅子。

ずらーーっと。

こんな椅子が、ホールにいっぱい置いてありました。





こんなお部屋もありました。

三半規管がおかしくなりそーです。






窓から見た屋上。








屋上に上がってみたら・・・。

なんと、煙突なんじゃそーな。






右と左がいっしょでなくても、こっち側とあっち側がいっしょでなくても、ここらへんがうねうねうねってても、直線がなくても、なぜかとても美しくてねぇ。

それがガウディさんの魅力なんでしょーなぁ。






そーゆーわけで、端折りましたがバトリョ邸おわります。


ここは外から眺めただけの「アントニ・タビエス美術館」。モンタネールの設計。

屋上のもやもやん・・・としたんは何でしょーなぁ。

 


さ、続きましては、「カサ・ミラ」へと参ります。


ここもまたフシギの家。

本日はこれにて。

バルセロナ3日め・ガウディ巡り2

下から見上げたバトリョ邸。

あーぁあーぁ、なんでこんなん造ったん・・・あぁあーーーーぁぁぁ。
あんたどんなアタマしてんのん・・・。

ぐらいの驚きであり、尊敬であり、呆れてもおる「あぁー」です。





階段がナミナミになってる。
こんな植物あるねぇ。






天井はうずまきになってる。
窓はうねうねしてる。    (なんと貧相な表現)






とにかく、まっすぐはキライなんやな・・・。






窓の枠も桟もまっすぐじゃない。







これは吹き抜け。

上にいくほどタイルの色が濃くなっていきます。







ここは、建物裏手に造られた広いバルコニー。

ガウディの美しいモザイク。











あーーー、ええ天気。











あかりとりの窓。







とにかく、「フツー」に造りたくないんやね。

そもそも「フツー」なんて概念もないんやろね。


バルセロナ3日め・ガウディ巡り

3日めに入りました。

この日はお天気もよく、すっきりと青空が広がって、そんだけでうれしかったです。

ホテルを出て、地下鉄でカタルーニャ駅まで移動して、そっからてくてく歩きです。





ガウディさんの建物が見所のグラシア通りへやってきました。モデルニスモ建築の名所となっております。

しかし、「王道」ですな。グラシア通り〜サグラダファミリア〜グエル公園とめぐるわけです。バルセロナに行ったのに、見てないの?といわれると困るナ・・・というツボは押さえたわけですが、それにしてもガチガチのコースですワ。

グラシア通りは広い広い道です。





道を聞きながら、まずは「カサ・バトリョ」を目指します。









広い歩道に、こんなベンチも・・。




人が群がってる・・・あのあたりか・・・。



うほーーー。あったあった・・・。

ドラゴンのバルコニー♪ カサ・バトリョに到着。




「つーあだるつ、ぷりーず」

日本語音声ガイドつき入場券2枚で、3600円ぐらいか・・・。



次は、カサ・バトリョの内部へご案内します。